連続メール講座

伝説の営業チームがあなたにも作れる!全12回の無料連続メール講座のご購読はこちらから!
詳細はこちらへ
メルマガ最新号はこちらへ

お名前

(例)山田太郎
Eメール
※携帯での閲覧は不具合の可能性があります。

WHAT'S NEW

1月5日発表
2月28日(土)に「庄司充"卒業"記念 キカクウル2015.02」を開催します。
詳細はこちらへ

11月14日発表
吉見範一3大営業セミナーの音声教材販売を開始しました。
詳細はこちらへ

塾長 吉見範一

吉見範一

日本営業ツール研究所 所長 営業ツール専門コンサルタント

1952年、横浜市生まれ。 神奈川県予防医学協会、東京都電機健康保険組合を経て、書籍・教材販売会社に入社。初年度から全国でトップクラスの成績を収める。

売れる営業マンのカバンの中身が見たい!その後、電器部品メーカーで新規の販路開拓営業を開始。半年でそれまでの顧客数を10倍にしたことから“新規開拓の神様”と呼ばれるようになる。

以来、数々の業界の営業職を経験。日本テレコムでは1ヶ月で営業所の2位に3倍以上の差をつけ、常にトップの成績を上げる。 また、NTTコミュニケーションズの営業所長に就任時には最下位の拠点を預かったものの、営業ツールを活用する手法を指導することで、半年後には3ヶ月連続全国第1位を達成

現在、日本で初の営業ツール専門のコンサルタントとして、講演、執筆、コンサルティング活動などで活躍中。 著作『「売れる営業」のカバンの中身が見たい!』(大和出版)。

吉見範一公式HP

日本営業ツール研究所公式フェイスブックページ

いまや「日本一」の商工会議所営業セミナー講師といえる吉見範一氏の実績はこちらへ

 

営業チーム強化コンサルタント 庄司充

吉見範一

セールスプロワン代表

1960年5月 宮城県仙台市生まれ。趣味は、 釣り・音楽(作詞・作曲・演奏)。

1981年,リクルートに入社、約6年間にわたりリクルート流最強営業術を学ぶ。

その後、通信業界を経て2001年、リクルート・スタッフィングの「営業アウトソーシング事業部」の立ち上げにプロジェクト・マネジャーとして参画

立ち上げ当初に担当した外資系ベンチャー企業のプロジェクトにおいて、先方社員以上の新規獲得実績を上げたことでクライアントからの絶大な評価を受け、予定の3倍以上の期間延長を獲得する。そのマネジメント手腕を買われ、入社から1年半でプロジェクト運用の総責任者に昇格する。その後、4年間で約40名のプロジェクト・マネジャーと、400名以上の営業スタッフの指導にあたり、担当したクライアント数は、上場企業からベンチャー、中小企業迄、事業部最多の30社以上

「初心者を2日で戦力化する」リクルート流マネジメント術を駆使したチーム運用で、プロジェクトの成功をあらわす継続拡大率では、業界平均の80%を大幅に上回る150%を達成、在籍期間中、常にトップ・マネジャーの評価を得る。

2006年、リクルートで修得した「営業チーム作り」のメソッドを、営業面で悩む多くの中小企業に提供することを目的に「売れる営業チーム作り専門コンサルタント」として独立。

「新規開拓をしたいが、営業経験者が一人もいないIT企業」からの依頼や、「新卒者を1ヶ月で戦力化したいベンチャー企業」など、様々な企業の営業面での課題を、机上論ではない現場主義、結果主義のコンサルティングで次々と解決している。

庄司充公式HP

フェイスブックページ 「リクルート流」を研究する会

 

代表世話人 森川滋之

ITブレークスルー代表

1963年生まれ。1987年京都大学文学部卒業後、株式会社東洋情報システム(現TIS)に入社。17年半の間に20以上のプロジェクトのマネジメントやインフラ構築に関わる。その後、営業企画部を経て、プロジェクトマネジメントのツールの営業に転職。2005年に独立。ユーザー企業数社のITコンサルタントを経て、2007年ITブレークスルーを設立する。

吉見範一氏とは、2007年末に知り合う。吉見氏の話を聞き、自分が営業企画部や営業としていかに間違ったことをやっていたかを知り、IT関係者に吉見氏の理論を伝えたいと感じた。また一人でも多くの営業マンに営業の楽しさを伝えたいという考えに「意気を感じて」、吉見氏のセミナーのプロデュースを買って出る

333営業塾以外では、自分軸作成支援や、企業PRのライティング等でも活躍している。著書・寄稿多数。

著作等については、こちらへ

ITブレークスルー公式フェイスブックページ