出会い系には援助交際・割り切り目的な女性が多いの?

出会い系を使うときに気になるのは、どんな女の子が登録しているのかではないでしょうか。

男性の立場としては、じっくり口説ける女の子と遊ぶのも楽しいけど、サクッとSEXに持ち込める女の子とも遊びたい。

そんなやるせない気持ちを解放したいときに、ありがたい存在なのが、援助交際・割り切りの女の子です。だって完全な一般人の女の子を口説いてセフレにまで持ち込むのは結構手間がかかるじゃないですか。

とりあえず欲求を解消したいときもあるんです。

援助交際と割り切りの違いについて

男性の視点で見ると、援助交際も割り切りも、同じようなものに感じてしまいます。

でも実際に出会い系を使っていると、援助交際と割り切りって微妙に区別されているようです。一体何が違うんでしょうか?不思議に思ったのでちょっと調べてみることにしました。

その結果、20歳手前の若い子をサポする場合は援助交際、20代後半以上の女の子をサポするときは割り切り、という区別がなんとなくあるみたいです。

必要な金額としては基本的に若い子の方がお高めで、割り切り女性の方がお安めですね。この辺りは女の子側の自己評価や年齢、地域によりけりなところがあるので一概に相場はいくらとはいえません。多分10,000〜20,000円もあれば足りると思います。

お金を支払うという点では援デリ業者も同じですが、僕はできる限り一般の割り切り女性を狙うことをオススメします。

援デリ業者はどこまでいっても仕事ですが、一般の割り切りの子はうまく立ち回ればそのままセフレとしてキープできるかもしれないからです。

援助交際・割り切り女性の見極め方

援助交際や割り切り目的の女の子を見極めるのは結構簡単。

彼女たちはコメントやメールの内容、プロフィール欄で割り切り目的であることをかなりしっかりアピールしています。以下のようなキーワードを多用している女の子は、高確率で割り切り目的です。

  • 今月ピンチ!
  • お財布がさみしぃ…
  • 一緒に楽しくお買い物したい!
  • 定期的に会える方募集
  • オトナの関係希望

これらの共通項は、とにかく「お金欲しいです」という気持ちが込められているところです。あの手この手でお金を必要としていることを訴えかけてきます。

また自撮りのちょっとエロい写真を載せていることが多いです。援デリ業者とは違い、素人臭い気配が漂う写真がほとんどですので、まず混同することはないと思います。

また「お酒が好きでよく飲む」だとか「ご飯行きたい」といったキーワードにも注目しましょう。「お酒=酔う≒連れ込みやすい」と連想してしまう男性心理を逆手に取られているような気がします。

割り切りを利用するのはこんなシチュエーション

あまりウェットな関係性を求めていなかったり、お手軽な体の関係だけで済ませたいときは割り切りを使いましょう。

先ほども少し書きましたが、割り切りがきっかけになってそのままセフレになってもらえることもあります。また元々割り切りから関係性を開始しているので、うっとうしくベタベタされる可能性が少ないです。

「欲求を解消したいけど彼女はいらない」という人や「後腐れのないセフレを作りたいから出会い系を使いたい」という人は、変に普通の子を狙わず、割り切りの子を探しましょう。

割り切りの代金はセフレを作る初期投資のようなものです。