【浮気や不倫はこうやってバレる】友達や家族に出会い系サイトの利用がばれてしまう危険性って知ってる?

気軽に女の子と会える出会い系サイトは、本当に便利なサービスです。僕ももっと早く使い出せばよかったと後悔することがあります。

しかし、彼女がいる人や結婚をしている人は、ある程度気をつけて利用したほうがいいです。思いもよらないところから身バレして、浮気や不倫がバレてしまうかもしれません。

この記事では、出会い系を使うことによる身バレの危険性について説明します。

フェイスブック登録は友達にばれない?

まず身バレというと最初に気になるのは、「Facebookアカウント」を利用した出会い系への登録ではないでしょうか。

出会い系に登録する際必要なものは、「Facebook」と「メールアドレス」、「携帯番号」が主流です。複数の情報が必要な場合もあります。

そしてFacebookアカウントは実名登録をしている上、家族や親戚、友人とつながっているので、自分のウォールに出会い系関連の投稿をしてしまい、身バレするのではないかと不安になる人も多いのではないでしょうか。

ですが安心してください。出会い系サイトの運営側も、ユーザーが「自分の個人情報を晒したくない」と思っていることは重々承知しています。

Facebookアカウントを使って登録しても、自ら身バレするような情報を登録しなければ、そうそう身バレすることはありません。出会い系に登録する際、自分でニックネームを登録することができることがほとんどですので、本名とは全く関わりのない名前を登録しましょう。

また出会い系サイト関連の投稿が、勝手にウォールに投稿されることもありませんし、まともな出会い系であれば「勝手に投稿することはない」と表記されっているはずです。またサービスによっては、Facebook上での友達は、出会い系サイト内では検索に引っかからないよう設定されていることもあります。

ですので、Facebookアカウントを使って出会い系に登録しても、周囲の人に出会い系を使っていることはバレません。どちらかというと、間違えて自分の顔が見える写真を出会い系に載せてしまったり、個人を特定できそうなプロフィールを載せていることが原因でバレることの方が多いです。

出会い系の利用は恥ずかしいことではない

また根本的な話として、出会い系を使っていることは特に恥ずかしいことではないと思います。

結局のところ、出会い系は合コンや街コンと同じようなものだからです。ただその出会いのきっかけがとなった場が、どこかの店なのか、ネット上なのかというくらいの違いしかありません。

また出会い系でなくても、ネット上での交流がきっかけになって、リアルでも顔を合わせるようになることが珍しいことではなくなってきています。

例えばFacebookやTwitter経由で知り合った友人と遊んだり、mixiで知り合った友人と意気投合して遊びに行ったりしても、誰もやましいことだとは考えません。出会い系だけを特別に考えすぎていると思います。

出会い系は「援助交際や不倫の温床になっている」という偏った見方をする人が多いので、「出会い系は恥ずかしい」というイメージにつながっているだけです。

誤解を恐れずに正直な物言いをすると、FacebookやTwitter、mixi経由でも援助交際や不倫に発展した人はたくさんいます。

どんなプラットフォームでも、その使い方次第で出会い系に早変わりします。出会い系だけが特別悪いなんてことはないので、余計なことを考えずに出会い系を活用した方がいいと思います。

不倫や浮気はおすすめができない理由

出会い系というと「不倫や浮気の温床」というイメージがあります。男女を問わず、実際に不倫や浮気目的で出会い系をつかっているひともいるようです。

しかし、すでに特定のパートナーがいる人や不倫目的の人妻に手を出すのはおすすめしません。当然自分に奥さんがいるのに出会い系で不倫をしようとするのもおすすめできないです。バレたときのリスクが高すぎます。

もし不倫がバレてしまったら、離婚や慰謝料の請求のみならず、社会的な信用が失墜することもあり、場合によっては人生が終わります。

「おれは上手いことやるからバレないよ」と思う人も多いようですが、結構簡単にバレてしまうので、危ない橋は渡らない方がいいです。

出会い系サイトの利用歴とかではなく、出会い系であった女の子と歩いているところを偶然目撃されたり、浮気専門の探偵に尾行されてカメラで撮られることもあります。

出会い系サイトを使っているからバレるのではなく、普段の自分の行動に怪しい部分があるせいで浮気がバレるからです。